チョコレート

甘党の私が最近ハマっている輸入菓子

大の甘党である私は、これまでたくさんの種類のお菓子を食べてきました。洋菓子でも、和菓子でも、好き嫌いなく味わっています。最近は、日本で販売されているお菓子以外に、海外のお菓子にも興味がわいて、輸入されたお菓子をもっぱら食べるようになりました。

私とお菓子の出会い

チョコレート
お菓子の魅力を知ったのは、中学生の頃でした。小学生の頃は、友達がおやつとしてお菓子を学校に持ってきているのが、羨ましく思っていました。というのも、私の家庭では、中学生になるまでお菓子が許されていなかったからです。健康のことを考えると、親の方針は正しかったと思いますが、その頃はお菓子が一体どんな味がするのか興味津々でした。
そして、中学生になって、やっとお菓子が食べられるようになると、お小遣いの全てをお菓子に使っていました。チョコレートやキャンディーなど、ありふれたお菓子なのですが、スーパーマーケットに行くと、豊富な種類が揃っています。そのため、買い物に行く度にまだ食べたことのないお菓子を選んで買っていました。
お菓子好きなことは、中学を卒業して高校生になっても変わりませんでした。食事の後は、必ずデザートとしてクッキーやプリンを食べていたものです。部活がバスケットボール部だったため、消費カロリーが大きくなり、食事量も増えました。食事量だけでなく、おやつの量も増えました。あまりにたくさんのお菓子を食べるので、誕生日になると、プリンやとチョコレートのプレゼントをもらうこともありました。
大学生になると、高校の頃と同じようにお菓子を毎日のように食べていましたが、だんだんと体型を気にするようになり、食べる量を少し減らそうとする意識があったと思います。でも、全く食べないでいるのも気分がイライラしてしまって、余計に欲求が増すため、毎日食べることには変わりありませんでした。
そして、今、社会人となり、経済的に自立してからは、お金にもゆとりができ、おやつに対する予算も増えました。そのおかげで、買えるお菓子の種類は格段に増えました。学生の時には手が出なかった1つが、輸入菓子でした。輸入菓子の存在すら、学生の頃は知らなかったと思います。一般的なスーパーマーケットでは販売されていないお菓子であるからです。
輸入菓子を買うには、最近では一般的なスーパーマーケットでも見つけることは稀にありますが、普段は輸入品の専門店に行くことにしています。その専門店では、日本向けの販売ではないお菓子がたくさんと揃えられてあり、ほとんどのお菓子のパッケージは日本語ではなく、外国語が記載されています。どの国のお菓子であるかや、お菓子についての簡単な説明などは、お店の説明書きから知ることができるため、あらかじめお菓子の内容を知った上で選ぶことができます。

私のマイブーム♪

チョコケーキ
最近私自身で、密かなブームになっているのは、ドイツのチョコレート菓子です。ホワイトチョコレートの板チョコで、中にはマカデミアナッツがたっぷり入っています。日本にも板チョコがあり、ミルクチョコレート、ブラックチョコレート、ホワイトチョコレートなどいろんな種類があります。ですが、そのドイツの板チョコと日本のそれとの違いは、厚さです。日本の板チョコと比べて、2倍以上厚く作られています。そのおかげで、中に入っているマカデミアナッツも大きいため、食べ応え十分なのです。
私の気に入っているドイツの板チョコのブランド名が表面のパッケージに記載されているのですが、ドイツ語が分からない私は、ブランド名で覚えずに、パッケージのデザインで覚えています。見た目も、他の板チョコとは少し変わっていているため、お店で見つけやすいと思います。というのも、手のひらサイズの大きさで、正方形の形をしているからです。他のチョコレート菓子であれば、長方形の形が多いため、形だけでも見分けることができます。
正方形という特徴が気になり、どうして正方形の形で販売されたのかを調べてみました。すると、その商品が作られた発端が大きく関わっていることが分かりました。スポーツ観戦時にも食べやすいチョコレートを作るため、スポーツ観戦に邪魔にならないよう、シャツのポケットにすっぽりと入るようなサイズに調整された結果、正方形の形が選ばれたそうです。そのため、発売された当初は、スポーツ観戦をする人たちに人気となり、その人気がスポーツ観戦する人だけでなく、世間に広く認知されるようになったということでした。
そして、今や、ドイツだけでなく、ドイツから遠く離れた日本でも、私のような一般の人の手にも届くようになりました。やはり、どこで作られようとも、美味しいお菓子は世界中にいるお菓子を愛する人を楽しませてくれる運命にあるのでしょう。輸入してくれたお店にも、輸出してくれたチョコレートの会社にも、とても感謝する気持ちで、これからはそのお菓子を味わおうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です