ぬいぐるみ

友人に彼氏が……。

先日、友人Mに彼氏が出来ました。
おそらく、4~5年近く彼氏はいなかったと思うのですが、
知り合いに紹介されたところ、数回のデートを重ね、見事に恋人同士になりました。
友人Mも紹介された当日から「面白い人だったよ」と、前向きな言葉が聞けていたので、
付き合えたと聞いた時は、私も素直に喜びました。

彼氏の顔を拝みたい

ぬいぐるみ

さあ、友達に彼氏が出来たというと、その顔を見てみたいというのが謎の性。
男も女も「おい、紹介しろよー」というのが鉄板です。
私もそれに漏れず、「とりあえず写真写真!見せて見せて!」と催促しました。
友人Mは恥ずかしいのか、何度か断りましたが、今日ついにそのお顔を拝見することが出来ました。

ところが催促した後、いつも私は後悔します。
その彼氏の顔にどうコメントすればいいのか。
果たして私はコメントする立場なのか。
好奇心と周りのノリに誘われて友人Mに促したものの、
そのコメントするときには、いつも頭の中の語彙の引き出しを全開にします。
友人Mもその彼氏も「傷つけない・適切な・気の利いた」言葉を探します。
そして最も言いたくない言葉は、
「やさしそうな人だね」
この言葉…私には一番残酷な気がしてなりません(笑)
何より私自身が、正直見た目を褒めるのには難儀な彼氏(失礼)と付き合っていたときに散々言われた言葉です。
もちろん、その人の内面に信頼を置いて付き合っていたのですが、
まあ、そうコメントするのが無難だろうなというのは身にしみました。
そしてイケメンと言われる人と付き合いだすと(前の彼氏すいません)、
ちゃんと「イケメン!」というじゃありませんか。
女は何とも正直な生き物だと思いました。

実体験によって、この言葉の残酷さを経験した私は、この言葉だけは使わないようにと心に誓っております。
さあ、いよいよ友人Mの顔を見る時がやってきました。

そうやってスマホを差し出されると、もう一人の友人Yは「ほう!」と言いました(笑)
「(なんだ、その感想は)」と思いましたが、私も何か言わないのは不自然な状況です。
私は、「メガネ!」と見たありのままの感想を言ってしまいました(笑)

なんということでしょう。私も友人Yの感想も、十分に残酷ではありませんか。
不細工というわけではなかったのですが(失礼)、イケメンというには少しわざとらしい気がしました。

友達の彼氏についてコメントする時って……。

スマホを見て驚く女性

いまだに友人の彼氏を見たときの感想をどうすればいいのかわかりません。
自分の中でいくつかパターンを作りました。
1.内面を褒める(内面を知らないときどうしよう)
2.無理やりにでも格好いいと言おう(本日早速実行出来ませんでした)
3.見たままの感想を言う(しかしさすがに「メガネ」は違う気がする…「背が高いね」とかだったらいいかな)
4.「幸せになってね」と言う(見た目の感想はどうした)
5.「イケメン」より「ハンサム」という(もういい加減)

どれが一番実用的なのか、果たしてわかりません。
ちなみに私の彼氏は、友人の彼女を見て不細工だったときは、
「彼女不細工だね~お前にもったいないよ!」
と、正直に言うそうです(笑)
なんだその図太い神経、今までよく生きてこれたなと思いつつ、
羨ましい神経です(笑)

もう正直に答えるのがいいのかと思いながらも、
なんだか一周回って「優しそうなひとだね」「頼りがいがあるね」が一番いい気もしてきました(笑)
むしろ、「優しそうな人だね」か「イケメン」以外、場を読んで適切にコメントをする人を見たことがありません。

私もさすがに何でも言い合える仲の良い友人にも、
大切な彼氏の見た目を毒を盛る覚悟でコメントする勇気はありません。

友人Mも照れながらも、付き合いたて。
幸せの真っ最中ではございませんか。
そんなところに水を差す勇気もございません。

ああ、なんでまた見せてと言ってしまったのかという後悔と、
やっと見られたという好奇心の満足で、毎度半分半分です。
これからも、おそらくそんな場面に何度も直面するのだろうと思います。
彼氏が出来た人~写真見せてという今回のようなシュチュエーション。
結婚するよ~そういえば旦那さん見たことないな~というシュチュエーション。
男友達の彼女を見たときにも何てコメントしましょう。
同性(女)の感想を言うのは、よりシビアになりそうです。
そんな中で、私の反射神経と頭の中の語彙の引き出しが蓄えられていくことを願います。
とにかく頑張れ私のシナプス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です